« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

絹をまとって絹の夢♡

1354108306787.jpg
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館の企画展、
「石内都 絹の夢」展へ行って来ました。
友達と行っておいで、とチケット二枚、主人からのプレゼントです。
ちょうど、誕生月の友人を誘って。
銘仙の写真展へ、銘仙を着て♪
ますます、銘仙の着物が好きに、そして、欲しくなりました♡
ランチは

1354108308303.jpg
宇多津町の、蔵カフェ さくら茶屋さんへ。

1354108308986.jpg
頂いた美味しいランチ名は
シニアランチ!
松花堂ランチの、量がを少なくしたもの。
着物の私達にはちょうど良いのですが、
なんだか、一人ならブルーになるネーミング⁉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

劇団四季…♪

1353885261849.jpg
こんな田舎の小さなホールで公演なんて!
子ども達に、本物の舞台を体験させたくて。
小学生の長男には、素直に楽しんでもらいたくて。
高校生の長女、中学生の次女には、
こんな世界もあるのだと、音響や衣装も体験させたくて。
さすが、素晴らかった!
あれだけ踊りっぱなしで歌い続けられるものかと。日頃の鍛練のたまものなのでしょう。
王様の大きな一枚物のマント、翻すとカッコよかった♪
それなのに!
勝手に決めたと、娘達にはブーイング。
まぁ、テスト発表中だからなぁ。
すみません…(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

BOMBER GIRL …⁈

10年以上ぶりに合う彼女は、
バイクで颯爽と登場!
年賀状だけのやり取りになっていた、高校時代の友人から、先日、突然電話が。
今日、ブブカーネでランチを♪

1353411798336.jpg
私は、ピリ辛スペアリブ。
彼女は大盛りパスタ!
彼女の趣味はツーリング、ゴルフ、スポーツジムに、お酒を飲むこと。今の仕事は農園の手伝い!体脂肪率は20パーセント未満!数年前まではバリバリのキャリアウーマンでした。
高校時代は、可愛くて、賢くて、とにかく目立ってモテる娘でした。
今はすっかり、本人曰く、「おっさん化したおばちゃん」だと笑っていますが、いえいえ、真似出来ません!パワフルでダイナミック!
わざわざ、お土産にって、


1353411799781.jpg
自分で作ったお米をバイクなのに持って来てくれました。
なんだか、勝てないなあ‼
また、会おうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

つまみ細工…♪

1353324751343.jpg
つまみ細工にハマってます♡
捨てられずに取ってあった、小さな古布。
ミシン要らずなのでこたつでちまちま。

1353324752617.jpg
古物ピンにつけて、ストール止めに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

神社の境内にうどん店!

宇多津町の有名なうどん店、おか泉がありますが、少し南にはいると、宇夫階神社という、立派な神社があります。うぶしな、と読みます。

1353076097855.jpg
で、向かって左、境内の中に!うどん店、うぶしなさんがあるのです。
ずいぶん前の、春の「うたづの町家とおひなさん」の街歩きの際、たまたま見つけてから、ずっと気になっていたうどん店。行ってきました。

1353076098985.jpg
肉ごぼうぶっかけ、美味しかったです。
細麺でモチモチして、よく伸びる〜!
店主は神主さんらしいのですが、確認する勇気が無かったです…。

続きを読む "神社の境内にうどん店!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

香川県高等学校総合文化祭音楽会

1352676245086.jpg
かがわ文化芸術祭2012 の行事の一つのようですが、毎年開催のようです。
スポーツ部と違い、対戦試合なども無いですから、良い刺激になることでしょう。
見に来なくていい、という長女でしたが、妹弟も勿論主人も、皆で見に行きました。
大きなホールでの晴れ舞台、とても誇らしく思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほのぼの暮らし…♪

1352675457257.jpg
先日、
母方の里、尾道市(と言っても山の中!)へお墓まいりに。
ちょっと親孝行のつもりです。
叔父夫婦が二人、なんとも仲良くまったりと、けれど忙しく暮らしておられます。
手作りのお地蔵様がなんとも愛らしくて♪
車での日帰り往復は、かなり疲れますが、
またおいで、と、いつまでも手を振ってくれる姿を見送りながら、また、母を連れて来てあげよう、と思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »